オーボエの買い方は?楽器の値段は高い?

オーボエ

こんにちは!音葉です。今日は、オーボエって高い楽器なのかについて書いていきます。この記事に出会ってくださった方の中には、オーボエを最近始めたばかり買い替えたいなどいろいろなニーズを持った方がいらっしゃると思います。私がオーボエを始めた頃、買い替えたタイミングなどについてもお話ししていけたらと思います。

オーボエがどんな楽器かについては、他の記事で書いたので、そちらも参考にしてみてくださいね。https://otonojourney.com/archives/158

この記事は、以下のようなお悩みを解決します!

みどみど

・オーボエって高い?

・オーボエってどうやって買うの?

・オーボエを続けるのにお金はかかる?

オーボエって高い?

率直にいうと、オーボエを続けるのにはお金がたくさんかかります。そして、楽器本体も高いです!!

なぜオーボエを続けるのにお金がかかるの?

ピアノは、一度買ってしまえば、あとは定期的な調律で満足に演奏することができますよね。そして、フルートやトロンボーン、トランペットなどの楽器も、定期的なメンテナンスのみです。では、オーボエはこれらの楽器とは何が違うのでしょうか。

答えは、リードです。

トロンボーンなどは、金属などでできたマウスピースを使用しますが、オーボエのリードは葦と呼ばれる植物からできています。つまり、半永久的に使用することができず、定期的に買い替え、そして作り替えが必要となってきます。私は、まだまだリード作りは初心者で、葦を直接購入して、切って…の作業はしていないので、写真はないのですが、リード作りはこんな形からスタートします。

水につけておくのですが、その後、こんな道具などを使って、あのリードの形にしていきます。

私がオーボエに憧れた理由の一つとして、のだめカンタービレの影響と以前お伝えしましたが、リード作りもその一つです。私も、どこかのベンチに座りながら、リードを削りたかったんです。まだまだその夢は叶いそうにありませんが…。

自分でリードを作れるようになれば、リードを作るのに必要な材料、そして膨大な時間がかかります。そして、自分でリードを作れるようになるまでは、リードを習っている先生や楽器屋さん、インターネットで購入しなければなりません。練習量にもよりますが、大体1ヶ月に2本、1本3000円弱はするので、毎月6000円くらいの出費になります。私が、カナダにいた頃は、練習をたくさんして、上達したのが先生の目に見えてわかったら、ご褒美にリードをもらっていました。そんなこともたまにはあるかもしれませんが、基本は毎月、レッスン費プラス6000円くらいかかります。

オーボエの購入

次に、オーボエ楽器本体がいかに高価かについて話していきたいと思います。私は、アメリカにいる時にオーボエを始めたのですが、楽器屋さんでレンタルをして始めました。その理由は、主に3つあります。

1あまりの難しさに嫌になって、続くかわからないこと

2初心者用の楽器はとても吹きやすいこと

3アップグレードをするとなった時に、何度も購入できるほど安い楽器ではないこと

初心者用のオーボエ

文字が入っている写真しか見つからなかったのですが、これが私が初めてレンタルしていた初心者用のオーボエです。大きな違いは、キーの数が少ないことと、キーに穴が空いていないことです。キーに穴が空いていないというのは、初めは、楽器を支えるので精一杯なので、キーを全て指で押さえ切れていなくても、音が鳴るようになっています。最近、楽器の修理に出している時に、初心者用のオーボエを吹いたのですが、かなり音が鳴りやすくてびっくりしました!

私が使っていたのは、ヤマハですが、そのほかにもたくさんメーカーがあります。ここでは、一般的にオーボエ界で信頼が強い3つのメーカーを紹介させていただきます。

メーカー品番価格
ヤマハYOB431/432¥484,000
マリゴルメール¥490,000
F.ロレーキャバール¥785,400

 

上級者用のオーボエ

もちろん、習い始めから上級者用を使うのはかなり難しいですが、やはり、初心者モデルでは、いつか限界がきます。私が買い替えたのは、ちょうどアメリカから帰国したタイミングでした。がんばっておしゃれ風な写真を撮ってみたのですが、こんな感じです。初心者モデルと比べると、キーの数も増えて、キーには穴も空いています。

私が購入した際、先ほどの3社のオーボエを試奏しました。やっぱり、私には、ヤマハがしっくりきたみたいで、ヤマハのオーボエを使っています。(実は、家にある楽器は全部ヤマハなんです)先日、メンテナンスしてもらった方に、あなたのオーボエとっても吹きやすいねと言ってもらえて、さらに満足しています。

では、どれほど価格が上がるのか先ほどと同じように表を作ってみました。

メーカー品番価格
ヤマハYOB 831/832¥957,000
マリゴMarigaux 901¥1,230,000
F.ロレートラディショナル¥1,243,000

なんと、圧倒的にヤマハが安いことがわかりました。100万円前後で考えるなら、ヤマハ以外のモデルだと、中古品を検討することになりますね。中古の楽器でも、前に使っていたオーナーがとても上手だったら、同じように上達する可能性も大いにあります!ぜひ、自分に1番合っている楽器をさがしてみてくださいね。

まとめ

今回は、オーボエを吹くのにかかる費用について書いてみました。やっぱり、お金はかかりますが、それほど、手がかかるということで、楽器に対する愛着はたくさん湧いてくるはずです。ピアノなどの、コンサートホールに毎回持ち運べない楽器と比べて、オーボエは気軽にいろんなところに持ち運び、いつも自分の楽器で演奏することができます。だからこそ、あなたを魅了させるような、ぜひいい楽器に出会ってみてくださいね!

この記事を書いた人

はじめまして、音のジャーニーを管理している音葉です。

突然ですが、私は、世界中のいろいろな音が好きです。

雨の音、お湯を沸かしている音、料理している音、窓の外から聞こえる鳥の鳴き声など。一度気になると、寝ることや勉強をすることなんて忘れて、聞き入ってしまいます。

そんな様々な音の中でも、クラッシック音楽に一番の魅力を感じています。

特別な音楽教育を受けたりしていませんが、ピアノとオーボエをメインに、気になる楽器といろいろ浮気をしつつ、毎日楽しく音を楽しんでいます。

幸運にも、日本だけでなく、アメリカとカナダでの生活を経験をし、それぞれの国で異なった音楽教育を受けることができました。

欧米では、音楽の本当の楽しみ方を教えてもらい、偉大な作曲家や、クラッシック音楽が今までよりも身近に感じられるようになりました!!

大学生になった今も、趣味として音楽をずっと続けれていることにとても幸せを感じています。

このブログを立ち上げた理由はただ一つ、私はとてもおしゃべりさんなので、音楽に関することで調べたこと、学んだこと、いいなと思ったこと、いろいろシェアしたかったからです。

このブログを読んでくださる人の中に、もし私みたいにいろいろな音が好き!という方がいらっしゃいましたら、ぜひあなたの好きな音を私にもシェアしてください!!

たくさんの素敵な音に出会えることをお待ちしています♪

音葉をフォローする
オーボエ楽器
音葉をフォローする
音のジャーニー

コメント

タイトルとURLをコピーしました